足つぼマッサージ方法

自分でできる足つぼマッサージ

足裏は第二の心臓とも呼ばれるほど大事な場所。

全身につながるつぼがたくさんあることから、足裏のつぼを押したりマッサージしたりするのは健康法の一つとしておこなわれていました。

足つぼマッサージをしていてゴリゴリした感じがあったら、それは老廃物の塊です。
この老廃物をほぐして代謝を促進させていくのが、足裏マッサージの目的でもあるのです。

足つぼマッサージをする場合は、足をよく洗い、水虫などがないかどうか確認してから始めます。

そして、1日の中で足つぼをやるのに適切な時間といえばどの時間帯になるのかというと、それは入浴後
入浴後は血行も良く、足の裏も柔らかくなっています。この時が一番やりやすいのでおすすめです。

最初は左足からやるといいでしょう。
左足には心臓のつぼがあり、体内循環もよくなります。

各つぼをぐっぐっと押したり、手の平で流すように押したり、こぶしでぐりぐりと強く押したり…
自分で気持ちいいと感じるぐらいの強さ加減でやるようにします。

強く押すのがいいと思いがちですが、最初は弱めの刺激で十分。
少しずつ力をいれてやるようにします。

足つぼマッサージは指を使ってやるだけでなく、専用のアイテムを使ってやることもできます。
マッサージ棒などを使うと、ピンポイントに刺激が与えられ効果的です。

最初はやっぱりプロの技

足つぼマッサージがうまくできているのかよくわからない…なんて不安になっている人は、一度プロがおこなう足つぼマッサージを体験してみるといいかもしれません。

足裏のつぼについては熟知しており、悩みに応じたマッサージをしてくれます。足つぼといってもさまざまな種類があり、お店に応じて違ってきます。

痛い足つぼマッサージといえば、指や棒で強い刺激を足裏に与えていく韓国式です。
そして、逆に痛くない足つぼマッサージといえば英国式

英国式の足つぼマッサージは、リフレクソロジーともいわれているほどです。
当然、気軽に受けれると人気なのが英国式で、韓国式はかなり痛みに慣れた人でないと難しいかもしれません。

とはいえ、韓国式や英国式以外にもさまざまな足つぼマッサージがあります。
痛さはもちろん効果も異なりますから、自分にあった方法のお店を選ぶといいです。

その施術時間は数十分単位で区切っているところが多く、
20分、30分、40分、50分、60分といった区切りになっています。

最長では120分といったものもあり、こちらは全身や他のメニューなどを組み合わせておこなうようです。
足つぼマッサージだけならそう時間はかかりません。

その金額は、足つぼマッサージだけなら大体1,000~2,000円程
より効果を高める為に他の部位もプラスすると、料金もどんどん高くなります。

トップへ戻る