足裏健康グッズの紹介

足裏健康法いろいろ

足裏健康法は慣れた施術者にやってもらうだけでなく、自分で、そして専用アイテムを使っておこなっていきます。
自分や他者におこなってもらう方法としては、あん摩マッサージ指圧師の国家資格を持つ方にやってもらう「按摩(足裏マッサージ)」と「指圧(足ツボマッサージ)」、足裏の反射区に刺激を与える「リフレクソロジー」、元は中国の健康法である「観趾法」、台湾の官有謀が提唱した「官足法」、ジョセフ・オイグスター神父により紹介された「若石健康法」とあります。

専用アイテムとしては、青竹を半分に割り体重をかけて踏む「青竹踏み」、砂浜・芝生・踏み石・健康遊歩道などを裸足で歩く「はだしで散歩」、インソールに突起がついた「健康サンダル」、圧迫することで強制的に血行をうながす「足裏マッサージ機」などが代表的なものとして知られています。ですが、最近ではさらに使いやすいアイテムが開発・販売されています。
まさに次世代アイテムともいえるものです。

歩行インソール「ウォーキングティーチャーインソール」

疲れにくい正しい歩行を目的に、広島大学と共同開発した歩行補正インソール。重点がずれてしまった人の歩行を改善します。

足裏樹液シート

樹液シートを足裏に貼るだけで、翌朝は足がすっきりしているという便利で簡単なアイテム。その不思議な効果は、足裏の健康だけでなく体全体の健康が実感できるものとなっています。

トップへ戻る